クリスマス会 2002
 
早いもので2002年のクリスマス会の様子です。いつもの通りといえばそれには違いないのですが、やはり傑作なことが起こります。
普段は「羽目をはずした」皆さんが、この夜だけは「紳士・淑女」となって大騒ぎをするのです。
澤田藤司之司会、と書くと「サワダトウジノシカイ」と読む人が出てきそうですね。
やっぱり、仮装大賞からいきましょうか。

ドラキュボタ
 

ミッコー・マウス
 

わたしはジャズミン
 

恐怖の怪人奇夜多
 

叶玩具だ!持ち主はうしろ

ヨンタクロース
アッコ、キタム、サナエ、タイショーはオゾマおかしいものを見てしまったのだ
一人、カメラ目線がいる

左から、今晩のメインバンド
永井、中田、新井トリオ+杉ちゃん

日曜日に出てきて練習したのだ

何を唄っているのかって?

踊っているんですよ!

後ろの白いワンピースの女性が、何やら心配そうな表情です。それもそのはず、振り付けをしてもらった先生です。

毎年、皆さんいろいろなことを考えては楽しませてくれます。

今どき、こんな「はちゃ滅茶」なことをやっている店は、もう東京にはありませんよ。この店のお客さんはそれだけ余裕があるのでしょうか、それとも破れかぶれになっているのでしょうか。

漫画だけではありません。ちゃんとした歌だって出てくるのです。


金沢のG
      渚まゆみ
浜庫さんはマヌエラが大好きだったのです
 


鈴木史子
青学の高等部時代、 浜クラさんの弟子
 

店内は50名のお客さんでごった返していました。

くっつき合っているのです。

貴婦人席です。

真理さんは、司会をしているのでしょうか。

こっちだって貴婦人がいるのだ!

ちょっと若いぞ。

なに、そのうち追いつくさ。

ちゃあちゃん

二人のGを掻き分けて。

右のGは、お気の毒に頭が半分ありませんが?

いや、暑いので蓋を開けているだけですよ。

大伴さん、伍堂さん

「ゴッドファーザース」っていうデュオでも始めましょうよ。

テレビにでも出たら売れそう?

 

中田の胸元が気になって唄えやしない、どうするの?かつえさん。

スペインをやれるかなぁ。

いつもと毛色が変わっただけで唄い方まで・・・

大胆になってしまったあこ姉さん。

MANUELA SISTERSも、先日、俳優座劇場で「大人の文化祭」に出演してきました。

彼女らが出れば、自動的にマヌエラの宣伝になるのです。

中田ちゃん、ありがたいだろ?

唄う広告塔だぜ!

二郎さんって、
こんな表情もあったのだ!
OZ SONSなんて、
もう飽き飽きしてしまいましたか?

ご要望により、一人クビにして美女を入れてみました。

案外、よさそうでしょ?

大伴さんは来シーズンから野球のアンパイヤーになります。

「アウト!」

「いや、セーフ」

「やっぱり、アウトにしよう」

大丈夫かなぁ?

   
今年も馬鹿々々しく大騒ぎでした。それから、犬丸さんからシャンペンが届きました。ご馳走様です。
今夜の料理は、しばらく前マヌエラでお運びをしていた村山君です。たいしたもんだ、全部おいしかったです。
去年の X'mas 2001