加賀百万石ツアー
リトルマヌエラの営業本部長たる白石さんが金沢(某北陸放送社長)に赴任して3年目になりました。そこで、マヌエラの常連たちが慰問の旅に出かけました。
日時
2002年10月19日(土)
場所

ホテル日航金沢 30F ラウンジ

金沢ツアーのホストは白石さん。日ごろお金沢でお世話になる方々を集めてのDinner Showです。マヌエラ店主、中田光雄も店にはトラをいれて参加しました。

「今夜の出演者はパートタイム・ミュージシャン、プロではありませんが彼らは堂々たるミュージシャンなんです」と応援団を「よいしょ」するためのMCです。

以下は応援団、それは日ごろから人一倍忙しい忙しいはずの暇人たちです。中には土日にもかかわらず仕事のため、始まるころに到着し、翌朝、第一便で東京にとんぼ帰りした人もいるのです。

杉ちゃんはマヌエラの中でも屈指の歌い手です。

高音の迫力はもって生まれたものです。

今だけ、のけぞってまじめに唄っています。

蕎麦屋で見知らぬ若者が熱いそばを食べているのを見て、

「おいちゃんが、フウフウしてやろうか?」

中山さん、大手フード産業の会長ですが、何をやっても漫画より面白い人です。

長尾さんはアルトを持って吹き語り。渋いところを聴かせます。

親子2代のアルトサックス・プレーヤー。

後で余興をやらされるとも知らず、いい男ぶりっ子しています。

マヌエラ・シスターズもマヌエラにはなくてはならない存在です。

キャッチフレーズは

We are visual !!

オージーサンズ

”大じいさんず”と読んだ人がいるそうです。

そろそろベテランの風格が出てきたとでも言ってください。

鈴木史子は当夜の唯一のフルタイム・ミュージシャン。ライブシーンでは大人の人気プロ歌手。

オージーサンズ一家の一員です。

失礼、失礼。中田光雄もLittle MANUELAのオーナー。フルタイムです。ほかに勤めはありません。

おまけの余興は「ふうてんの寅さん」

やれと言えば、嫌がらずにやります。

お客さんには馬鹿受け。大爆笑!

ずらりと並ぶは、どうしようもない”伝統のふうてんバックコーラス”。

さて、ショーがお開きになって「宴のあと」に現れたのが、毎度、金G(金沢のG)がお世話になるお母さんのところの御姐さん方。もちろん、お母さんは最初から来ていたのです。

女性軍に取り囲まれた御姐さん。

金Gは、あまりの熱演で、ネクタイまで汗だくになったためバスローブ姿で現わる。

お史&オージーサンズはまた唄い、大サービス。

なんだ、挟み将棋だ。ふるいね、今はオセロゲームって言うのだ。それも古いんじゃないの?

くつろいでるのか、くたびれてるのか?

清ちゃん、ズボンが落ちそうだぞ。

このあと、片町に繰り出してカラオケが始まり、かくし芸大会となりました。あきれた人たちです。

でも、さぞかし面白かったと思いません?